2024.03.11 2024.03.28 更新
OA機器
セキュリティ
レイアウト
内装工事
引っ越し
電気工事

サーバールームの温度管理はどうする?環境変化への対応方法を解説!

サーバールームの温度管理はどうする?環境変化への対応方法を解説!

新規オフィスの開業やオフィスの移転で新たにサーバールームを設置する際に、「サーバールームをどう作ればいいのかわからない」「今までと同じでいいのでは?」とお考えの方は多いのではないでしょうか。 本記事では、サーバールームの温度管理についての概要と、必要な設備のご案内をしております。 サーバーを新規で設置する方や、サーバーの移設をご検討の方は、是非ご一読ください。

 

【サーバールームの温度管理が重要な理由とは?】

サーバールームの温度管理は、サーバーおよびネットワーク機器の適切な動作と信頼性を確保するために非常に重要です。
具体的には以下の理由があります。

理由1:機器の安定性
適切な温度範囲内で動作することで、サーバーやネットワーク機器の安定性が確保されます。高温や低温は機器の故障やパフォーマンス低下を引き起こす可能性があります。

理由2:電力消費
過度の温度上昇は冷却システムの負荷を増加させ、冷却効率を低下させる可能性があります。適切な温度管理により、電力効率を向上させ、エネルギーコストを節約することができます。

理由3:機器の寿命
過度の温度変化や高温は機器の寿命を短縮させる可能性があります。適切な温度管理により、機器の寿命を延ばし、交換やメンテナンスの頻度を減らすことができます。

理由4:ビジネスの継続性
サーバールームの温度管理はビジネスの継続性に直接影響を与えます。サーバーの故障や停止はビジネスに大きな影響を与えるため、適切な温度管理はビジネスの持続性を確保するために不可欠です。

 

過度な温度上昇は機器の過熱や故障を引き起こす可能性があり、逆に低温も機器のパフォーマンスに影響を与え、冷却負荷が増加します。
これらの理由からサーバールームの温度管理が重要とされています。

次に、サーバールームの温度管理が必要とされる温度変化の原因について解説します。

【サーバールームの温度変化の原因とは?】

サーバールームの温度変化の原因はさまざまですが、代表的なものには以下のようなものがあります。

《内部からの影響》

サーバールームの温度を一定に保つために使用される冷却システムの不良や故障が、温度変化の主な原因の一つになります。

冷却システムの効率が低下すると、温度管理が困難になり過剰な温度変化を引き起こす可能性があります。

また、冷却システムに不具合がなかったとしても、サーバールーム内の機器が過度に稼働したり、多くの機器が同時に使用されると、発熱が増加し、温度変化を引き起こす可能性があるため、適切な機器配置や負荷管理が必要です。

《外部からの影響》

外部からの気温変化や気候条件の変化も、サーバールーム内の温度に影響を及ぼします。

空調設備に不具合が発生すれば外気の影響を受けやすくなったり、照明などの熱源の存在が多ければサーバールーム内の温度変化を引き起こしたりします。

そのため、エアコンのメンテナンスや定期的な点検や過剰な熱源になり得る存在の排除、熱や湿気を遮断する断熱材を使用するなど適切な対策を施すことが大切です。

【サーバールームの温度を管理する方法とは?】

サーバールームの温度を管理するためには、以下のような方法があります。

 

①冷却システムの適切な設置
サーバールーム内に効果的な冷却システムを設置し、適切な温度を維持することが重要です。
冷却システムには、空調装置やサーバールーム専用のクーリングユニットなどがあります。

②空調設備の定期的なメンテナンス
空調設備の定期的なメンテナンスを行い、効率的な動作を確保します。
フィルターの清掃や交換、冷却剤の補充などを定期的に行うことで、冷却効果を最大限に引き出すことができます。

③空気循環の最適化
サーバールーム内の空気循環を最適化し、冷却効果を向上させることが重要です。
適切な風向きや風量を設定し、冷気がサーバー機器に十分に届くようにします。

④断熱対策の強化
サーバールームの断熱性を向上させるため、壁や天井に断熱材を適切に設置します。
外部の気温変化が室内に影響を与えることを防ぎ、温度の安定化を図ります。

⑤温度モニタリングシステムの導入
温度モニタリングシステムを導入し、サーバールーム内の温度変化をリアルタイムで監視します。
異常な温度上昇や下降が検知された場合には、早期に対処することができます。

 

これらの方法を組み合わせて、サーバールームの温度管理を行うことで、サーバー機器の安定した動作や信頼性の確保が可能となります。

【サーバールームの温度調整に必要な設備とは?】

サーバールームの温度は様々な要因に影響されるため、多方面からの対策を求められます。
具体的に必要な設備は以下の通りです。

 

冷却装置:サーバー機器から発生する熱を排出し、室内の温度を下げます。

温度監視システム:温度の変化をリアルタイムで監視し、異常を検知します。

断熱材や断熱システム:室内の温度変化が安定し、冷却装置の負荷を軽減できます。

空調システムの適切な配置:サーバールーム内の空気の循環を確保し、温度の均一化を図ります。

 

これらの設備を適切に組み合わせることで、サーバールームの温度を適切に管理し、安定した動作環境を確保することができます。

【サーバールームの温度まとめ】

サーバールームを適正な環境に保つためには「空調」が大きなポイントになります。

しかし、オフィスビルごとに空調方式が異なるため、新たなサーバーの設置やサーバーの移設をする際は、サーバールームの環境設定をどう行えばわからないという声も多いです。

弊社では、オフィスのパートナーとして、サーバーの提供はもちろん、サーバールームの環境整備、オフィスの新規開業や移転などを多く請け負っております。

サーバーの設置についてお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。

 

シェアする

新着コラム

オフィスのドアは種類が豊富!選び方とコストを解説!

オフィスの窓の重要性とは?効果的な活用方法と種類についてご紹介