こちらの希望以上に、
オフィスの有効活用を実現する事が...

株式会社FCN  代表取締役社長 藤原 起章様

08

株式会社FCN

お客さま事業内容
IT/ICT事業の設計・運営・企画等のコンサルティング
施工期間
2日
規模
25坪
請負箇所
レイアウト変更に伴う什器の導入/廃棄・ネットワーク構築
施工内容
レイアウト変更
事例ID
08

VOICE

施工依頼された経緯を教えてください

アルファーテクノさんとのお付き合いは約12年になりまして、オフィス移転とレイアウト変更ならびに什器/OA機器の導入をいつもお願いしております。この度も、増員に伴い「オフィス移転をするか、今の事務所スペースを有効活用するか」のご相談をして、結果としてレイアウト変更をし今の事務所スペースを有効活用する事に致しました。本プロジェクトのご相談をアルファーテクノ中井さんへ半年前からさせて頂きました。じっくり私どものペースに合わせて頂きまして本当に助かりました。

今回の竣工でこだわった点を教えてください

既存デスクを全て廃棄し、オフィスのデスクを全てフリーアドレス化にする点です。以下は私が考えるこれからのオフィスの形についてです。「何故、今、本社オフィスのフリーアドレス化を行なったか?」
大手町のオフィス街で本社を構えるのには、それ相当の意味があると考えてきました。
 日本のITビジネスに於ける人材不足、若手技術者の不足、海外技術者の流入、将来に対する技術者不足、国内の若手人口の減少、女性の活躍の場と技術、サービスの活用・・・が問われる今日、誰もが回答を出せないカオスの時代が続いている。
 本来、社員の人数に比例した本社オフィスは、必要なのか?働き方改革が促進する今日、社員数=本社オフィスのスペースは、もう過去の経営である。ましてや、自社ビルを持つ企業は、ビジネスの変革に対応できなくなる。日本経済、GDPが縮小する今日、本社オフィス機能はどうあるべきか?再検討を行う時期にある。

 当社も、一昨年の今頃、開発用のオフィス、技術者の研修も可能なオフィスを持ちたい・・・、新たなオフィスを借りたいと言う機運がでた。
本当に、そのような本社オフィスが必要なのか? 誰も必要性と効果判定が出来ないまま、オフィスを持ちたいと言う気持ちが先行する。
 当社は、本社オフィスのキャパシティを12名 ⇒ 18名 に拡大する為に、本社オフィスのフリーアドレス化にチャレンジした。 (不要なものは捨てる)
この効果は、今後4,5年は、本社オフィスの収容スペース問題を意識しなくて済む。
 一方、在宅勤務、働き方改革が進歩する現在、ますます、オフィスのスペースは省力化する方向にあり、必要に応じて、テンポラリーの貸しオフィス、貸し会議室、営業のワークステーションサービス機能が首都圏に補完してきた。
 まさに、遅きに帰したフリーアドレス化対応であった。

完成したオフィスをご覧になった感想をお聞かせください

レイアウト変更前は、MAX12名でしたが、フリーアドレス化の後はMAX18名まで入れるようになり、しかも広々としたオフィスになりました!

アルファーテクノよりお客さまへ

株式会社FCN代表取締役社長藤原様。いつも弊社をご指名頂きまして誠に有難うございます。私としましてもこの度のプロジェクトは非常に勉強になりました!引き続きお付き合いの程宜しくお願いします。

CONTACT

SOHOや小・中規模オフィスも対応!

アルファーテクノにお任せください

即日回答!お気軽にお問い合わせください!

新着のお客さまの声