2023.09.14 2024.01.24 更新
レイアウト
内装工事
電気工事

ダウンライト工事で後悔する!?理由と実情を徹底解説!

ダウンライト工事で後悔する!?理由と実情を徹底解説!

シーリングライトやペンダントライトと違い、天井に光源を埋め込むことで、照明器具を目立たせることなく天井をフラットにできる人気のダウンライトですが「ダウンライトにしたことで後悔した」という声を聞いたことがあるでしょうか。 本記事では、ダウンライトで後悔したと感じるポイントと、後悔しないために事前に収集するべき情報をご案内しています。 ダウンライトの取付を検討している方は、是非ご参考ください。

 

 

【ダウンライト工事とは】

ダウンライト工事とは、照明の一種であるダウンライトを設置する作業を指し、天井に埋め込むか、天井から突き出した形で取り付けられ、スポットライトのような照射効果を持つ照明器具です。

ダウンライトには異なる形状やデザイン、光の色温度などがあり、設置する場所や数、照明の目的に合わせて適切なダウンライトの選定が行われます。

また、ダウンライト工事には配線工事が不可欠で、電源の配線やスイッチの接続、制御装置の設置など、電気設備の専門知識が必要なため、適切な配線工事を行い、安全かつ正確な電気供給を確保することが大切です。

【ダウンライト工事の目的と魅力】

ダウンライトにはいくつかの魅力があり、代表的な魅力は以下の通りです。

 

・スタイリッシュなデザイン
ダウンライトは天井に埋め込まれるため、シンプルでスタイリッシュな外観を持っているため、モダンで洗練された雰囲気を作り出すことができます。

・照明効果
ダウンライトは光を直接下向きに照射するため、均一かつ集中した照明効果を実現します。
特に、スポットライトタイプのダウンライトは、重要なエリアや特定のオブジェクトに光を集中させることができます。

・空間の明るさと広がり
ダウンライトは広範囲に光を広げることができるため、室内の明るさを確保することができると同時に、天井からの光が広がることで、空間全体がより広く感じられる効果もあります。

・調光機能の利用
多くのダウンライトは調光機能を備えており、光の明るさを調整することができます。
これにより、照明の雰囲気や使用する場面に合わせて光の強さを調節することができます。

・エネルギー効率
近年のダウンライトはLED技術を採用していることが一般的であり、省エネルギー性が高くなっており、低消費電力でありながら明るい光を提供するため、電気料金の節約にもつながります。

 

ダウンライトを用いることで、室内の照明効果や雰囲気作りにおいて重要な役割を果たしたり、快適で魅力的な空間を演出したりと、これらの魅力に惹かれ、ダウンライトは多くの人々に選ばれているのです。

【ダウンライト工事で後悔する理由】

ダウンライト工事において後悔する理由としては、以下のようなものが考えられます。

 

1.配置の誤り
ダウンライトの配置を適切に計画せず、照明の均一性や効果が損なわれる場合があります。
照明の位置や間隔を適切に考慮せずに設置してしまうと、部屋全体に均等な照明が行き届かなかったり、特定の場所が暗くなったりする可能性があり、通常の照明よりも手元が見えづらくなることで、ダウンライト工事を後悔するかもしれません。

2.明るさや配光角のミスマッチ
ダウンライトには明るさや配光角が異なるタイプがあります。
照明の明るさや配光角を間違えて選んでしまうと、思っていた照明効果が得られず、照明の明るさや範囲が不適切だと感じることがあります。

3.電気配線の問題
ダウンライトの工事には電気配線が必要なため、電気配線の位置や配線方法に問題があると、照明の取り付けが困難になったり、後で配線の修正や改修が必要になる場合があります。
予定になかったコストが発生した場合も、ダウンライト工事を後悔する理由のひとつになるでしょう。

4.予算のオーバーラン
ダウンライト工事の予算を事前に適切に計画せずに進めると、思っていたよりも高額な費用がかかる場合があります。
予算をオーバーしてしまうと、本来の計画や思い描いていた照明環境を実現できないことになります。

 

次に、ダウンライト工事で後悔しないための対策を紹介します。

【ダウンライト工事で後悔しないためのポイント】

ダウンライト工事で後悔しないためには、以下の対策を考慮することが重要です。

 

1.取り付けるダウンライトの位置と数に注意しよう
配置の誤りや、明るさ、配光角のミスマッチで後悔しないためには、ダウンライトを取り付ける位置と数に注意しましょう。
小さいダウンライトは目立ちにくく、空間のバランスを損なわずに自然な照明効果を提供するため、オフィスのような広いスペースには小さいダウンライトを多く取り付けると良いでしょう。
また、配光角を広めに設定することで、より広範囲の照明を実現できます。

2.電気配線の確認と適切な設置を心がけよう
ダウンライト工事には電気配線が必要ですので、事前に電気配線の状況や設置場所を確認しましょう。
配線の問題や制約がある場合は、専門家に相談して適切な対策を立てることが重要です。
また、安全性を確保するために正しい設置方法を選び、施工は信頼できる専門業者に依頼すると安心です。

3.予算の適切な設定と見積もりの比較をしよう
ダウンライト工事の予算を事前に明確に設定しましょう。
複数の業者から見積もりを取り、費用や提供されるサービス内容を比較することで、適切な価格と品質のバランスを見つけることができます。
ただし、単純に安い業者を選ぶのではなく、実績や評判、施工品質なども考慮して選びましょう。

 

以上のポイントに加え、ダウンライト工事には専門家のアドバイスや照明デザインのガイドラインを参考にすることで、より効果的な配置プランを立てることができます。

【ダウンライト工事後のメンテナンス方法】

定期的なメンテナンスは、ダウンライトの性能や寿命を保つために重要です。

ダウンライトのメンテナンス期間は、一般的に1~2年程度とされていますが、メンテナンスの頻度や内容は、照明器具の種類、使用場所、使用時間などによって異なることがあります。

一般的なメンテナンスのポイントは、以下の通りです。

 

◆個人で出来るメンテナンス

・定期的な清掃
ダウンライトは埃やほこりがたまりやすいので、柔らかい布や掃除用具で表面の埃や汚れを取り除きましょう。

・電球の交換
ダウンライトの電球は寿命があります。明るさが低下したり、点灯しなくなった場合は、適切な交換電球と交換しましょう。

※ダウンライトのメンテナンス時は必ず電源を切った上で行ってください。

 

◆プロに任せたいメンテナンス

・配線の点検
定期的に配線の点検を行い、接続が正常か確認し、ゆるんだ配線や断線があれば修理や交換が必要になります。

 

ダウンライトの点検やメンテナンスはほとんど個人でも行えますが、自信がない場合は専門家に依頼することをおすすめします。
定期的な点検や必要に応じたメンテナンスを専門家が行うことで、安全かつ効果的な照明を確保することができます。

【ダウンライト工事まとめ】

ダウンライト工事は電気工事の一環となるため、専門的な知識と技術が必要です。

信頼性や実績、サービス内容などを考慮し、信頼性のある業者に依頼することをおすすめします。

弊社では、専門知識と経験豊富なスタッフが、照明計画の立案から設置をサポートしております。

また、品質と安全性へのこだわり、お客様の安心と満足を最優先に考えてアフターサービスを充実させています。

無料でお見積りをご案内していますので、ダウンライトの導入をご検討の際は、是非お気軽にご相談ください。

 

シェアする

新着コラム

オフィスのドアは種類が豊富!選び方とコストを解説!

オフィスの窓の重要性とは?効果的な活用方法と種類についてご紹介