2023.04.06 2024.05.24 更新
オフィス家具
セキュリティ
内装工事
引っ越し
電気工事

オフィス移転の「面倒」を解決するワンストップサービスが熱い!最小限のコストで便益を提供!

オフィス移転の「面倒」を解決するワンストップサービスが熱い!最小限のコストで便益を提供!

オフィス移転では、多くの手続きと業者とのやり取りを行う必要があり、「時間」「労力」「費用」などのコストがかかります。 これらは事業を運営する上で大きな負担となり、日々の業務に影響を及ぼしかねません。 そこで、今後オフィスの移転を控えている方やリニューアルを検討している方に向けて、『オフィス移転のワンストップサービス』という選択肢についてご案内します。 移転の手続きを簡素化し、コストや労力を削減することができる便利なサービスですので、ぜひ業者選びの参考にしてください。

 

 

【オフィス移転ワンストップサービスとは?】

オフィス移転のワンストップサービスとは、複数の業者を一括して手配するサービスの事を指します。

オフィス移転は、一般的な住居の引越しとは違い、社内の機器や家具の移動だけではなく、設備の整備、または解体や撤去、さらには新たなオフィスのレイアウトやデザインの決定など、様々な手配が必要です。そのため、オフィス移転の際には、専門的な知識や経験が必要となることがあります。

しかし、オフィスの移転は頻繁に行うことではないため、そのほとんどが経験不足の状態のまま移転計画に取り掛かることになり、担当者には心理的・身体的負担が掛かるだけでなく、思わぬトラブルによる損失がでてしまうこともあります。

オフィス移転ワンストップサービスを利用することで、このような面倒やリスクを回避することができる他、コスト面でもメリットを享受できるため人気のサービスになります。

では、具体的なメリットは何か、次項で解説します。

【オフィス移転ワンストップサービスのメリット】

複数の業者を一括手配することで得られるメリットは、大きく分けて4つあります。

《メリット1:全体の予算を算出しやすい》

ワンストップサービスを利用することで、全体の予算を一括管理することができます。

複数の業者を個別に手配する場合は、各業者からの見積もりや請求書などを個別に管理しなければならず、全体の予算を算出することが困難になることがあります。

しかし、ワンストップサービスでは、必要な業者を一つのパッケージで提供するため、一括して見積もりや請求書を管理することができ、全体の予算を算出することがしやすくなります。

また、予算の範囲内での調整もしやすく、コストの抑制にも繋がります。

《メリット2:コストの削減に繋がる》

オフィス移転では、様々な業者や手続きを要し、それぞれが別々のコストを必要とします。

複数の業者に見積もりを依頼する場合、それぞれの業者からの見積もりを比較し、最も安い業者を選ぶ必要がありますが、ワンストップサービスを利用する場合は、一括管理された見積もりを利用することができるため、比較作業が不要となり、コストを削減することができます。

また、ワンストップサービスを取り扱う業者には、取引量が多いからこそ受けられる料金の割引や特典などもあるため、個別で業者へ依頼するよりもメリットが多いでしょう。

《メリット3:スケジュールの調整がしやすい》

移転に関する窓口が一つになるため、打ち合わせや現地調査のスケジューリングが最小限で済むというメリットがあります。

複数の業者を手配する場合、それぞれの業者のスケジュールを調整しなければならないため、見積もりを取るだけでも時間がかかってしまいますが、ワンストップサービスを利用することで、業者間の調整作業を省くことができます。

スムーズなスケジュール調整を可能にすることで、移転プロジェクトの期間短縮にも繋がるのが特徴です。

《メリット4:トラブルが起こりにくい》

移転に関する専門担当が全面サポートするため、トラブルが起こりにくいというメリットがあります。

移転には様々な手続きが必要であり、業者の選定や契約書の作成、引っ越し作業の監督など、多くのリスクが伴います。

しかし、ワンストップサービスを利用することで専門の担当者が全ての手続きを代行し、適切な手順に則って移転作業を進め、トラブルの発生を未然に防ぐことができます。

また、トラブルが発生した場合にも、専門担当者が的確な対応で問題をスムーズに解決するため、業者同士の責任問題やトラブル解決の手間を減らすこともできます。

 

日々の業務と並行して移転計画を進めるのに、上記で紹介したメリットは非常に魅力的に映るかもしれませんが、デメリットがないわけではありません。

次に、オフィス移転のワンストップサービスを利用するデメリットをご案内します。

【オフィス移転ワンストップサービスのデメリット】

オフィス移転をワンストップサービス業者へ依頼するデメリットは主に3つあります。

《費用が高くなることもある》

まず最初に挙げられるデメリットとして、費用が高くなってしまうケースがあることです。

前述のコスト削減のメリットと相反することになりますが、超小規模な移転に加え、その他工事の手配などを必要としないケースなどでは、一般的な引越し業者を手配する方が費用を抑えられる場合があります。

《移転の経験を積めない》

ワンストップサービスを利用すると、業者とのやり取りや手配などを自分でやることが少なくなるため、移転に関する知識や経験を積む機会が少なくなります。

そのため、オフィス移転に携わる機会が多い方にとってはデメリットと言えるでしょう。

《業者の品質に差がある》

ワンストップサービスを提供する業者によって、品質やサービス内容に差があるため、業者選びが非常に重要になります。

そのため、複数の業者に見積りを依頼し、比較検討することがオススメです。

また、業者の口コミや評価も参考にし、自社のニーズや予算に合った業者を選ぶことが大切です。

 

オフィス移転をワンストップサービス業者へ依頼する際は、上記で挙げたデメリットが中心となります。

しかし、3つ目のデメリット「業者の品質」をどこで判断すれば良いのかわからないといった声もあるでしょう。

次に、ワンストップサービス業者の選び方についてご案内していますので、業者選びで困った際の参考にしてください。

【オフィス移転ワンストップサービス業者の選び方】

オフィス移転ワンストップサービス業者を選ぶ際には、以下の点に注意することが重要です。

1.実績や口コミの確認
移転実績や顧客満足度などを確認することで、信頼性の高い業者を選ぶことができます。また、同じ業種の企業や知人からの口コミも参考になります。

2.サービス内容の充実度
オフィス移転ワンストップサービスとして提供されるサービスの内容や、付帯するサービスが充実しているかどうかを確認しましょう。また、必要なサービスが含まれているかどうかもチェックすることが大切です。

3.価格の明確さ
移転にかかる費用が明確に提示されているかどうかも、業者選びの際には重要なポイントです。見積もりの作成や提示の方法についても確認し、適正な価格でサービスを受けることができる業者を選びましょう。

4.トラブル時の対応力
万が一トラブルが発生した場合には、迅速かつ適切な対応が必要です。業者の対応力や保証内容、問題解決能力についても、業者選びの際には確認しておきましょう。

5.コミュニケーションの円滑さ
業者とのコミュニケーションが円滑に行えるかどうかも、業者選びのポイントです。移転に関する細かいニュアンスや要望などをスムーズに伝えられるかどうか、また、業者側からの情報提供が適切かどうかも確認しておきましょう。

 

ワンストップサービスを提供している業者にも、得意分野やサービス内容に差があるため、自社のニーズに合った業者を選ぶことが大切です。

具体的には、事前に複数の業者の提供内容や実績、口コミなどを比較し、見積もりを依頼してから選定することが望ましいでしょう。

また、業者の対応やコミュニケーション能力も重要なポイントとなります。業者の担当者とのやり取りや打ち合わせがスムーズに行えるかどうかも検討材料となります。

【オフィス移転ワンストップサービスのことなら】

弊社では、オフィス移転の経験豊富なスタッフが在籍し、充実したサービス内容からお客様のニーズに合わせて最適なサービスを提供することができます。また、コスト面にも配慮し、お客様に最適なプランをご提案いたします。

具体的には、以下のようなサービスを提供しております。

・見積もりの提供
・移転計画の立案
・賃貸オフィスの紹介
・梱包・荷造り・搬出入
・不用品の回収
・設備の取り付け・設置
・新オフィスのレイアウトデザイン
・引越し後の片付けや清掃作業
・その他、お客様のニーズに合わせたサポート

もし、気になる点やご質問があれば、遠慮なくお申し付けください。私たちがお力になります。

 

シェアする

新着コラム

OAフロア施工で快適なオフィス環境を実現するための必須知識

ガラスパーテーションで空間を自由自在に操ろう!現代オフィスの必須アイテム!