2024.05.08 2024.05.22 更新
オフィス家具
セキュリティ
レイアウト
内装工事
引っ越し
電気工事

エクセルで図面作成をマスター!初心者でもできる、図面作成の基礎

エクセルで図面作成をマスター!初心者でもできる、図面作成の基礎

近年、ビジネスシーンにおいて図面作成の重要性が高まっています。 しかし、専門的なCADソフトを習得する時間がない、高価なソフトを購入する予算がない、といった課題も存在します。 そこで今回は、エクセルを活用したオフィスレイアウト図の作成方法をご紹介します。エクセルなら、専門的なCADソフトを購入する必要がなく、無料で簡単にレイアウト図を作成することができます。

 

【エクセルで図面作成をする目的】

オフィスレイアウトは、従業員の業務効率やモチベーション、そして顧客満足度にも影響を与える重要な要素です。

近年、働き方改革やテレワークの普及により、オフィスの在り方が大きく変化しており、オフィスのレイアウト変更や移転、内装工事など、多くのシーンでレイアウト図が使われるようになりました。

通常、レイアウト図を用意するためには、専門的なソフトと技術が必要になります。
しかし、簡易的な作業のため専門業者へレイアウト図の作成を依頼すると作成料が掛かってしまいます。

無駄な出費を出さないために有用なのがエクセルです。
簡易的なレイアウト図であればエクセル等の一般的なオフィスソフトを使用して作成することもでき、低コストかつ即席にレイアウト図を用意することができるようになりました。

【エクセル図面作成のメリット】

エクセルを使用して図面作成すると、以下のようなメリットがあります。

・手軽さ
専門的なCADソフトと異なり、エクセルはすでに多くのパソコンにインストールされており、追加費用なしで利用できます。

・操作性
エクセルは基本的な操作を習得すれば、誰でも簡単に図形や線を描画できます。

・柔軟性
エクセルは図形や線だけでなく、表やグラフ、画像などを挿入することもでき、より詳細な図面を作成できます。

・コストパフォーマンス
高価なCADソフトを購入する必要がなく、初期費用を抑えることができます。

・修正の容易さ
エクセルであれば、図面作成後に修正や変更を簡単に行うことができます。

 

レイアウト図を作成できるオフィスソフトは、パワーポイントなど他にもありますが、エクセルが最も多く利用されているのには、以上のメリットがより強く反映されるからこそでしょう。

【エクセル図面作成の基本操作】

エクセルで図面を作成するには、以下の基本操作をマスターする必要があります。

 

①図形の挿入:挿入タブから、線、四角形、円、多角形などの図形を挿入できます。

②図形の編集::図形をクリックして、サイズ、色、線種などを編集できます。

③線の描画:線描画ツールを使って、自由な線の描画ができます。

④テキストの挿入:テキストボックスを使って、図面に文字を挿入できます。

⑤寸法の記入:寸法ツールを使って、図面に寸法を記入できます。

 

線描画ツールを用いた具体的な操作方法は以下の記事で画像を用いて解説していますので、詳しく知りたい方はご覧ください。

⇒エクセルで誰でも簡単にレイアウト図が作れる!?手順を画像で解説!

【エクセル図面作成の手順】

エクセルでオフィスレイアウト図を作成するには、以下の手順に従います。

1. 準備

必要な情報: オフィス全体の寸法、壁の位置、窓の位置、コンセントの位置、ドアの位置、家具の寸法、家具の種類
スケール: 実際の寸法と図面上の寸法の比率を決めます。一般的には、1:50または1:100のスケールが使用されます。

2. 方眼紙の作成

セルの行の高さや列の幅を調整して、方眼紙を作成します。
スケールに合わせて、方眼紙の大きさを調整。

3. 壁や窓などの描画

線描画ツールを使って、壁や窓などの構造物を描画します。
壁や窓の厚さを考慮して、線幅を調整。

4. 家具の配置

図形挿入ツールを使って、家具を配置します。
家具の寸法に合わせて、図形の大きさを調整。
家具の種類や色を、図形の色や塗りつぶしを使って表現します。

5. 動線の描画

線描画ツールを使って、従業員の動線を描画。
動線の幅を太くすることで、視覚的に強調することができます。

6. 記入

家具の名称や寸法を、テキストボックスを使って記入します。
必要に応じて、矢印や吹き出しなどを挿入して、説明を加えます。

7. 印刷

作成した図面を印刷。
印刷前に、図面の縮尺やページ設定を確認します。

※見やすく分かりやすいレイアウト図を作成するためのポイント

シンプルさを意識する:複雑な図面よりも、シンプルな図面の方が分かりやすく見やすいです。

色を使い分ける:色を使い分けることで、情報を整理し、視覚的に強調することができます。

記号やアイコンを活用する:記号やアイコンを活用することで、図面をより分かりやすくすることができます。

レイアウトを工夫する:レイアウトを工夫することで、図面全体のバランスを整えることができます。

【エクセル図面作成の注意点】

エクセル図面作成には、以下の点に注意する必要があります。

 

複雑な図面には不向き:非常に複雑な図面を作成するには、専門的なCADソフトの方が適している場合があります。

印刷時の品質:エクセルで作成した図面は、専門的なCADソフトで作成した図面に比べて、印刷時の品質が劣る場合があります。

互換性:エクセルで作成した図面を他のユーザーと共有する場合、互換性問題が発生する可能性があります。

【エクセル図面作成のまとめ】

エクセルは、専門的なCADソフトに比べて手軽で柔軟性のある図面作成ツールです。
基本操作をマスターすれば、誰でも簡単に図面を作成でき、応用テクニックを習得することで、より高度な図面も作成可能です。
ただし、複雑な図面や印刷品質を重視する場合は、専門的なCADソフトを検討する必要があるため複雑な図面の作成は専門家に依頼すると良いでしょう。

オフィスのレイアウト変更や移転、内装工事など、レイアウト図を必要とするシーンは様々です。
このブログ記事が、エクセルでの図面作成を始めるきっかけとなれば幸いです。

弊社では、レイアウトの提案から図面作成、工事の実行とその後のアフターフォローまで承っておりますので、図面作成にお困りの方は、ご相談ください。

 

シェアする

新着コラム

エクセルで図面作成をマスター!初心者でもできる、図面作成の基礎

ペーパーレス会議への切り替えは簡単!?未来の会議スタイルを切り開く便利システムとは